東海大学福岡短期大学 キャンパス交通案内お問い合わせ一覧資料請求
HOMEサイトマップサイト内検索関連教育機関
HOME>今月のトピック授業紹介
今月のトピック授業紹介
2014年掲載 | 2013年掲載 | 2012年掲載 |
2014年度
   

普段のシゴトや生活の中で、最新の情報技術がどのように活用されているのかを実践的に学ぶ授業です。

パソコンや家庭内ネットワークの構築実習をはじめ、スマートフォンやタブレット、ゲーム機やレコーダー等の情報家電、3Dプリンタやモーションコントローラ、そして話題のクラウドサービスなどを実体験していきます。

大学で用意する機材を用いるほか、学生さん自身が持参してきてくれた機材もすぐさま教材にしながら、楽しく授業を展開していきます。まず難しい理屈は抜きに、これら話題のデバイスや環境を実際に触れることによって、その利便性や危険性について考え、そしてこれからの大学生活の中で深く学ぶ契機にしてほしいと思っています。



   

「プロジェクト研究」は情報処理学科のカリキュラムの中核に位置づけられており、自分で選択したテーマに沿って、それぞれの科目で学んだ知識や技術を、実践活動を通じて実社会で活用できる能力へと高めていく授業です。

そのテーマの1つとして、今年からプロジェクションマッピングを始めました。プロジェクションマッピングとは、3D映像等を建造物に映し出して演出する手法のことです。ハウステンボスやディズニーランドでも活用され人気となっています。

具体的なノウハウがない中、学生達は試行錯誤を重ねながら実験を積み重ねています。最終的には校舎に映し出したいという夢を描きながら、まずは自分達で作り上げた物体に映写させながら進めています。

この1年でどこまでのものができるか、今から楽しみです。





   

14日間の留学期間中、延べ63時間の現地講師陣による授業を受けました。読み書きの能力だけでなく、現地での生活に即応するためのスピーキングとリスニングを中心とした内容で行われ、生きた韓国語を身につけることのできる充実した授業となりました。

韓国の文化と歴史に触れる
文化体験として世界遺産の「水原華城行宮」を訪れ、華城行宮で行われている朝鮮王朝時代の武芸パフォーマンスを目の前で堪能できました。華城行宮は比較的広範囲にわたってその城壁を残しています。今回はその城壁を回る観光列車に乗り、他の地域では見ることのできないその光景に、韓国の文化と歴史を肌で感じることができました。

韓国の企業見学へ
韓国最大手の王冠・キャップメーカー「三和王冠」を見学。鉄板から王冠が高速で作られる現場や、スタッフの姿勢を見て、モノづくりの面白さや働くことの意義を知ることができました。

韓国の大学生との交流会
ソウルにて白石芸術大学の在校生とソウルの名所を楽しみながら、国を超えた同じ学生同士の交流ができ、いい刺激を受けることができました。



 
Copyright (c) Tokai University Fukuoka Junior College. All rights reserved.